4月 2017


台湾は、高雄の夜市3連戦!

    おはようございます。 僕は今、文化的で洗練された世界見聞のため、台湾は高雄シティに来ております。   ご連絡が遅れましたが、僕の2017年は新年早々に重大なニュースから始まっておりました。 どんだけ重大かと言いますと、それはどういった重大さかと申しますと、マジ重大。   僕が今一番大好きなバリトンサックスのプレイヤー、LeoP:) が、これまた大好きなブラスロックバンドのLuckyChopsをLeaveするというニュースでした。   LeoPはLuckyChops以外にも自分のプロジェクト「TooManyZoo」というユニットも組んでおります。 それを踏まえた上で大雑把にそのニュースをお伝えしますと、   「わたしはLuckyChopsとTooManyZooの両方で可能な限り時間を割 […]


高雄から九份へ 台湾縦断200kmの大返し

    おはようございます。   僕は今、文化的で洗練された世界見聞のため、台湾は高雄に来ております。 海外生活を始めて、10日ほどが経とうとしておりますけれども。   この頃になると、多くの人々が集まり文化的に賑わう週末という皇帝時間を、どこでどう過ごすのかと言うところも少しは考えるようになってきます。 平日と週末では、町が見せる顔も違ってきますからね。   香港へのフライトが再来週の日曜日なので、その週末は空港のある花蓮という地域で過ごすことになるでしょう。 そうなれば、台湾で残された週末は実質あと1回のみということになります。         その最後のエンペラータイムをどこで誰とどう過ごすのか。 僕はそんなこともわからないほどではないくらいに歳を重ねたの […]


高雄から九份へ。サンダーストームは大体いつも第三の道を斬り拓く

    前篇から続いています。     高雄から九份へ向かう直通の移動手段はありませんから、一度高雄から台北へ。そして台北から九份へ然るべき交通手段で移動するわけです。     まずは高雄から台北へ戻りましょう。 今回はなんだか目が冴えて眠れなかったということもあり、夜中の2時AMに宿を飛び出しお馴染みみんな大好き國光客運の夜行バスで向かうことにしました。   高雄から台北への夜行バスについてはこちらにまとめてありますのでご参考ください。 高雄ー台北 國光客運の夜行バスまとめ   途中途中でお客さんを拾いながら、7:00AM頃台北に到着。結局一睡もできませんでした。 台北から高雄に向かったときと同じバスターミナルで降ろされます。   台北のバスターミナル &nb […]


台湾は九份で、晴天率33%に賭けてみよう!

    いらっしゃいこのやろう。 僕は今、文化的で洗練された世界見聞のため、台湾は九份に来ております。   九份では雨が降ると、赤青黄の、透明雨ガッパを来た観光客のみなさんがどこからかいっぱい湧き出てきます。 その姿格好がクリオネみたいで、なんだかまあまあ見てて可愛いらしいです。       万全を期すため1日多めにスケジュールとりましたが、到着後2時間以内に九份観光を終えてしまった僕は、もうやることもないわけです。   幸いなことに、僕は今回の旅の中で、食べる楽しさに目覚めておりますから、時間を持て余らしてどうしようと懸案していた昨日の夜は、 人で混み混み九份のメインストリートから一本路地に入ったぁあぁあああやしいお店で、ちまきのようなものを頼みました。   あっちはギ […]


台湾の全てをこの手に。怒涛の九份巻き返し!

    おはようございます。 僕は今、文化的で洗練された世界見聞のため、台湾は九份に来ております。   そうです、宮崎駿さん主演、「千と千尋の神隠し」のモデルになったのでは?と噂になって、公式に否定されたあの有名な場所です。   あらすじをちょっとだけご紹介しますと、   腕利きの元殺し屋・千にボディガードされることになった世界的歌姫・千尋。 「死にたくなければ、俺の言うとおりにしろ」 千の高圧的な物言いとぞんざいな扱いに反発していた千尋でしたが、 訪れる窮地から何度も命を救われるうち、徐々に心を開いていきます。 そんな心を通わせ始めた二人でしたが、なんとも最悪のタイミングで、最大のピンチが訪れるのでした。   とそんなお話です。     洋題は「Spirited Awa […]


九份から台北に降りてきて、地獄の筋肉痛に一喜一憂する日。

    おはようございまぎゃぁあああああ。 鬼の九份を終えた僕は、めでたく翌日に筋肉痛発症してます。   三日後とかじゃないので、痛いの3割嬉しさ6割というところです。   手持ちのアイテムで応急処置できちゃうところなんてのも、なんだか頼もしいでしょう?     泊まっている宿はHereThereHostelTaipei。   カプセルほどではありませんが、3方は壁に覆われておりますゆえ入り口のカーテンを閉めれば私的空間は保たれます。 ただ上段ベッドの場合、天井はありませんので覗き込もうと思えば隣のベッドはピンピロです。   ベッド周りに物吊るす系の設備はありませんので、S字フックとか、首が回るハンガーとかがあると良いと思います。よいよい。   僕のハンガーは首 […]




ばいばい台北!最後の夜は、限定解除。

二人のおじさんに苦言を呈されまして、恐れ多くもこのコンテンツは会員制となりました。会員の方はログインを、非会員の方は登録をよろしくお願いします。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について


&nbs;